【最強】一番キマるヤバイCBD

【ブランド一括検索】ラッパーファッションと歴史のまとめ【HIP HOP】

Djtube.jp

ラッパーさんが愛用するファッションブランドをまとめました。

ラッパーといえば皆さんどんなファッションを思い浮かべますか?

大体の方が、ダボダボのパンツ、ギラギラしたゴールドネックレスそしてキャップをかぶっている、などではないでしょうか

今では、そういったイメージが定着していますが、そんなラッパーたちのファッションもHIP HOPの音楽とともに変化してきた歴史があります。

1970年代後半にニューヨークのサウスブロンクス地区から始まったとされるHIP HOP

約40年の間にラッパーたちのファッションがどのように変化していったのか詳しくまとめした。

この記事を読んでわかること
  • ラッパーファッションブランド検索
  • ラッパーのファッションの特徴
    • B系ファッションとは?ダボダボの理由
    • 腰パンのルーツ
    • タグやシールを付けたままにする理由
  • HIP HOPファッションの歴史とカルチャー
  • 海外ラッパーファッションの特徴

ラッパー着用ファッションブランド検索

ブランド一覧

ブランド名読み方
Supremeシュプリーム
BAGARCHバガーチ
WACKO MARIAワコマリア
THE NORTH FACEザ・ノース・フェイス
COOGIEクージー
COCOLO BLANDココロブランド
F-LAGSTUF-Fフラグスタフ
Y-3ワイスリー
APHRODITE GANGアフロディーティーギャング
COCOLO BLANDココロブランド
一二三屋ヒフミヤ
Hufハフ
NIKEナイキ
VANSヴァンズ
New Eraニューエラ
Karl Kaniカールカナイ
adidas Originalsアディダスオリジナルス
adidasアディダス
M+RC Noirマルシェノア
ALIFEエーライフ
Lafayetteラファイエット
APPLEBUMアップルバム
BlackEyePatchブラックアイパッチ
BALMAINバルマン
参丸一サンマルイチ
STUSSYステューシー
UNDERCOVERアンダーカバー
BILLIONAIRE BOYS CLUBビリオネアボーイズクラブ
CASTLE-RECORDSキャッスルレコーズ
FASHION CRIMINALファッション クリミナル
GIVENCHYジバンシィ
HOOD BY AIRフードバイエアー
KOBEYコーベイ
KRKC&COケーアールケーシーアンドコー
KSL SUPPLYKSLサプライ
MARCELO BURLONマルセロ・バーロン
MRC NOIRマルシェノア
Needlesニードルズ
Palm Angelsパーム・エンジェルス
POLO RALPH LAURENポロ ラルフローレン
RAF SIMONSラフ・シモンズ
RICK OWENSリック・オウエンス
Roc Nationロックネイション
SCREEN SHOTスクリーンショットブランド
STAMPD LAスタンプドエルエー
Stanceスタンス
AKOOアクー
VANITY FACEヴァニティーフェイ
白山眼鏡はくさんめがね
BreatHブレス
DREAM TEAMドリームチーム
GUALAグアラ
DUALISMデュアリズム
BLUE LINE CLOTHINGブルーラインクロージング

ドリブルX

緑色のリンクをクリックすると商品ページに飛ぶよ

高級ブランド一覧

ブランド名読み方
BALENCIAGAバレンシアガ
Burberryバーバリー
Kappaカッパ
PRADAプラダ
GUCCIグッチ
VERSACEヴェルサーチ
LOUIS VUITTONルイ・ヴィトン
OFF-WHITEオフホワイト
Calvin Kleinカルバン・クライン
LACOSTEラコステ
ROLEXロレックス
Diorディオール

おすすめのブランドを紹介する

ラッパーのファッションの特徴

時代によってラッパーのファッションも変化してますが、どの時代もアフリカ系アメリカ人のカルチャーやその時代の背景に影響されているように見えます。

初期の頃のアイテムは今でも定番で使われていたり、時代がまたまわって近年は初期の頃のスタイルがリバイバルしていたりします。

ラッパーのイメージである、ゴールドのネックレスやカンゴールのハットは今でも着用されていることが多いのではないでしょうか。

B系ファッションとは?ダボダボの理由

B系ファッションとはダボダボなヒップホップファッションが流行った頃のスタイルのことを指します。

また「B系」のBの由来は「Breaking」から来ています。HIP HOPが誕生したころ、曲と曲の間に流れるブレイクビーツで踊る人たちを「B-Boy」と呼び、そのダンススタイルがB-BOINGです。

なぜダボダボかというと、貧困だったアフリカ系アメリカ人の家庭では大きくなっても着られるように、また兄弟のお下がりを着るというところから、ぴったりのサイズのものではなく大きめのパンツを履いていたと言われています。

腰パンのルーツは2つある

腰パンのルーツ

日本でも腰パンのファッションが流行っていた90年代。この腰パンのルーツは大きく分けて2つのルーツがあります。

刑務所の囚人ルーツ

一説は、アメリカ刑務所の服役囚が自殺をしないようにとベルトを取り上げられていたので、ズボンをずり下げて履くしかなかった。

ギャングルーツ

ダボダボのジャケットに先細のパンツという、ズートスーツスタイルがアメリカのギャングの間で着られていました。

お金のない黒人やメキシコ系アメリカ人ギャングは上下揃えることが難しく、間に合わせたものを着ていたことが起源とも言われています。

タグやシールを付けたままにする2つの理由

タグやシールを付けたままにする2つの理由

タグやシールを付けたままにする理由も2つあります。

① 新品という証明

貧困な家庭で育ち、新品が着れないアフリカ系アメリカ人では「新品」を着用しているということへのこだわりがあります

② 店から盗んだきたという証

アメリカのニューエラでは、購入した際にレジでシールを剥がしていました。

シールが貼ってあるということは、店から盗んできてやったぜというギャングたちの悪い行為をしたという証でした。

ゴールドネックレスをつける理由

ゴールドネックレスをつける理由

ラッパーが太めのゴールドネックレス(ゴールドチェーン)を身に着ける理由は、成功の証(あかし)として身につけます。

ラッパーとして、成功して十分稼いでいることを知らしめるために、メッキではなく、本物のゴールドネックレスをつけるのが一般的です。

最新価格を見る

HIP HOPファッションの歴史とカルチャー

HIP HOPという音楽が誕生してからまだ40年ほどの歴史しかありませんが、その音楽とファッションの移り変わりは目まぐるしく変化していきました。

1970年代後半に、ニューヨークのサウスブロンクスでHIP HOPは誕生し、HIP HOPファッションはその背景やアフリカ系アメリカ人のカルチャーにとても影響を受けているといえます。

貧困なアフリカ系アメリカ人、ストリートギャングが多い地区から生まれたHIP HOP

お金がないため、公園に集まり自宅から持ってきたレコードを回し、ラップをしたりダンスをしたりしていました。

これがオールドスクールの始まりになります。こういった背景から現在のスタイルに変わるまでの変化を見ていきます。

1970年代後半

1970年代後半に誕生したHIPHOP。当時のファッションは今のスタイルとは似ても似つかないファッションでした。

ニューヨークのサウスブロンクス が発祥のHIP HOPは、貧困のアフリカ系アメリカンがお金のかからない遊びとして始めたことがきっかけです。

お金のない彼らが、いかにオシャレに見せるか、どうやってファッションを楽しむか、というものでした。

また70年代ファッションも影響され、細身のスタイルで一般的なトレンドがミックスされたファッションが主流でした。

  • ベルボトム
  • レザーパンツ
  • ハイウェスト
  • 大きなメガネやサングラス

1980年代

1980年代に入ると、アディダスやカンゴールなどのブランドが流行り始めました。

いわゆる「HIP HOPファッション」として定着していったスタイルがこの時代です。

カンゴールのバケットハット、カザールの大きな眼鏡や極太のゴールドチェーンのネックレスという現代HIPHOPにも使われているファッションはこの時に誕生しました。

また、特に当時のHIP HOPファッションにセンセーショナルを巻き起こしたのが「Run DMC」

彼らが着用したアディダスのトラックスーツは、HIP HOPファッションの代名詞的な存在になったのです。

ここからスポーツウェアブランドが定着することになります。

80年代後半になると新たな形になり、ギャングスタファッションが流行り始めます。

派手なカラーリングからブラックやモノトーンのファッションに変化していき、スタイルも細身から徐々にオーバーサイズへと変わっていきました。

  • アディダス
  • カンゴール
  • ゴールドチェーンネックレス
  • ネームプレートネックレス
  • カザール

1990年代

今のスタイルになってきたのが1990年代です。90年代に入ると一気に、オーバーサイズに腰パンというダボダボのスタイルになります。

ヘアスタイルもコーンローやドレッドなどが流行り始めたのもこの頃です。

またスポーツブランドもアディダスからナイキへと変化していきます。

特にキックスはナイキのエアージョーダンになっていきました。

当時、スポーツ用に作られたスニーカーをファッションに取り入れるというのは異質だったようです。

90年代の始めにはSTARTERがアメリカで流行り始め、これをきっかけにプレミアスポーツブランドがHIP HOPのファッションに取り入れられていくことになります。

  • トミーヒルフィガー
  • ポロラルフローレン
  • ノーティカ
  • ワラビー
  • ティンバーランド

そしてスポーツウェアの流行にのってラッパーたちは自身のアパレルブランドを展開していきます。

90年代後半になると、一部のラッパーたちはオールドギャングスタイルを取り入れ、ダブルのスーツにボーラーハットなど紳士的なギャングスタイルをしている人たちもいました。

2pac(Tupac Shakur)やスヌープドッグもこのスタイルを取り入れてました。

2000年代

90年代のダボダボのオーバースタイルは2000年代になりより一層激しくなり、XXLや3XLのトップスにダボダボのデニムパンツを腰パンで履くというスタイルが流行り始めます。

キックスもエアジョーダンからナイキのエアフォースワン、キャップはニューエラのベースボールキャップ、色もカラフルなスタイルが定番になります。

  • ナイキ
  • ニューエラ

後期になるとスリムパンツにオーバーサイズのトップスというスタイルが流行り始めます。

この頃になると、全身にタトゥーを入れるラッパーが増えていきます。

タトゥーをファッションの一部としているので、身にまとっている洋服自体がシンプルになっていきました。

今ではラッパーといえばタトゥーがあるというイメージですが、この頃に流行り出したといえます。

また、歯をゴールドやシルバーでキラキラにするグリルが登場し、ジュエリーを身につけたりドンドンと派手になっていきました。

2010年代

この頃になると、HIP HOPのファッションにもまた変化が現れます。

HIP HOPのテイストは残したまま、高価なブランドを取り入れシンプルにシックなスタイルになっていきます。

カニエウエストやファレルウィリアムスがハイブランドとコラボした影響もあり、ストリートでもハイブランドを取り入れられていきます。

オーバーサイズではなくなり、細身のスタイルが定着していきます。

また、シュプリームやバンズといったスケーターファッションも同時に流行っていきました。

2020年代(現在)

現在、様々なスタイルが取り入れられ、ハイブランドからスケータファッション、パンクスタイルやナードファッションといった色んなジャンルがミックスされています。

またオールドスクールのスタイルのリバイバルなど、HIP HOPのファッションシーンはさらに変化を遂げています。

海外ラッパーファッションの特徴

一言にラッパーファッションといっても、地域や国で着こなしやスタイルが違います。

特にアメリカではHIP HOP発祥である東海岸と、西海岸でもかなり異なり、それぞれの地域で特徴があります。

アメリカ西海岸の特徴

90年代ごろアメリカ西海岸はスヌープドッグや2pac(Tupac Shakur)といったギャングスタっぽいファッションが主流になります。

ディッキーズの上下、チェックのネルシャツ、バンダナというシンプルなスタイルです。また派閥によって色が異なり、所属しているギャングの色を身につけていました。

気候が温暖なこともあってか、明るいカラーに緩めのスタイルが好まれたようです。

またネルシャツは多くの人に日常的に着られていたアイテムで、そのネルシャツをスヌープドッグがライブでよく着用したことでHIP HOPシーンにこのスタイルが浸透していきました。

このスタイルを年代的に見ると、この頃西海岸のスタイルが影響されたことがわかります。

アメリカ東海岸の特徴

東海岸ではノーティカやヘリーハンセンやティンバーランドのブーツが流行ります。

こちらも気候に影響されていて、フーディーやダウンジャケット、ダウンベストなどが好まれました。

スポーツブランドなどをオーバーサイズに着るスタイルでした。

現在のファッションアイコン

年代ごとに注目されているファッションアイコン的な存在のラッパーですが、現在注目されているのは

  • リルウージバート
  • トラヴィススコット
  • ミーゴス
  • エイサップロッキー

それぞれ個性的なスタイルを持ちつつも、HIPHOPカルチャーである要素も取り入れています。

HIP HOPが誕生してから約40年間にどのようにラッパーたちのファッションが変化していったのか、それは音楽だけでなく、カルチャーや当時の時代背景などが影響していることもよくわかります。

これからも時代に合わせてどんどんと新たなHIPHOPファッションが誕生することでしょう。

おすすめの人気記事

ラッパーが飲んでいるお酒のまとめ ラッパーが飲んでいるお酒のまとめ 日本人ラッパーの愛車のまとめ 日本人ラッパーはどんな車に乗っているのか!?まとめてみた。【高級車30台】 バダサイの愛用ブランドのまとめ 【舐達麻】バダサイの愛用ブランドのまとめ【なめだるまファッション】 なめだるまのDELTA9KIDの愛用ブランド 【舐達麻】DELTA9KIDの愛用ブランドのまとめ【なめだるまファッション】 舐達麻の刺青(タトゥー)のまとめ 舐達麻の刺青(タトゥー)のまとめ【なめだるま】 入れ墨(タトゥー)があっても出来る仕事 タトゥー(刺青)を綺麗に隠す方法のまとめ 入れ墨(タトゥー)があっても出来る仕事 入れ墨(タトゥー)があっても出来る仕事は?バレたらクビ?

スニーカー関連

日本人ラッパーの愛用スニーカー日本人ラッパーの愛用スニーカーのまとめ【靴】 ラッパーの愛用スニーカー洋楽ラッパーの愛用スニーカーのまとめ【靴】

ラッパー別ファッションコーデ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA