【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

タトゥーや入れ墨を綺麗に隠し方は?

入れ墨(タトゥー)があっても出来る仕事

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

外国のアーティストやスポーツ選手がタトゥーを入れていたり、日本の芸能人でもタトゥーを入れている人が目立つようになってきました。

昔と違っておしゃれ感覚でタトゥーを入れる人も増えてきましたが、日本ではまだまだタトゥーを受け入れてくれる文化がなく、肩身の狭い思いをすることもあります。

健康診断やレジャー、結婚式などタトゥーを隠さなくてはいけない場合もあります。

今回は、タトゥーを隠すために様々な方法をまとめました。

持続時間綺麗に隠せる防水性お手軽コスパ
スキンカバーシール数時間~3日
テーピング・絆創膏数時間
サポーター着用中ずっと
ファンデーションコンシーラー数時間~3日
エアブラシ3日
レーザー手術ずっと

貼り付けて隠す

「ワンポイントタトゥーだけど、親戚に知られたら怒られちゃう」「健康診断で同僚にバレたくない」という人にはスキンカバーシールやテーピングを貼って隠す方法がおすすめです。

スキンカバーシールでタトゥーを隠す

3つのポイント
  1. シールのカラー・サイズなどが豊富
  2. 貼るだけで簡単に一時的に隠しせる
  3. 使い捨てだから衛生的

スキンカバーシールとは、傷跡やタトゥーなどを隠したい人の為に作られたシールです。

0.02mmの極薄フィルムを使用して、素肌になじむのが特徴です。

使用方法も簡単でシールを隠したい場所に貼るだけです。

カラー・サイズも様々なものがあるので自分に合ったシールを選べます。

購入方法はネットショッピングやドン・キホーテ、薬局など購入できます。

メリット

耐水性タイプや伸縮性タイプなどの種類があるので、使いたい状況によって使い分けることができます。貼るだけなので誰でも簡単に使用できます。数日間貼りつけておけるタイプもあり、耐水性だと海やプール、温泉でも気にせず使えます。

デメリット

シールのヨレが出てしまったり、自分の肌に合う色を選ばないと不自然さが出てしまい、逆に目立ってしまう可能性があります。タトゥーのことを知っている人と出かける時に使用するのがベストです。シールは中心から外側に向けてグラデーションで色が薄くなっているものが多いので、大きめのタトゥーを隠そうとしても外側のほうが透けて見えることもあるので注意です。何枚も必要になるので費用が高くなってしまう可能性もあります。

テーピング・絆創膏でタトゥーを隠す

3つのポイント
  1. 自分で貼ることができるので簡単
  2. 薬局やコンビニなどで手に入りやすい
  3. 低価格で購入できる

テーピングや絆創膏は薬局やコンビニなどで気軽に手に入れることが出来るので緊急時に最適です。

貼るだけなので、テクニックやコツも必要なく誰でもできます。

一度の使用なら「ケガしたのかな?」と思われるくらいなので、言い訳などを考える必要もないです。

メリット
簡単に安く手に入るのがメリットです。ただ貼るだけなので、誰かに手伝ってもらうこともなく、一人で隠すことができます。また、販売している店舗も多く、持ち運びもできるので、出先などで急に隠す必要がある場合におすすめです。

デメリット
温泉や銭湯でテーピングをしたまま入浴することを不衛生だと思う方もいらっしゃるかもしれないので、気をつけなければいけません。また、テーピングをグルグルと体に巻くことは不自然なので、大きめのタトゥーを隠す方法としてはNGです。粘着力の強いタイプは、長時間貼り続けていると肌荒れすることもあるので気をつけながら使用してください。

衣服で隠す

背中や胸などに大きめのタトゥーを入れている人や肌が弱い人におすすめなのが、衣服で隠す方法です。

手持ちの衣服で対応できるのでお金もかかりません。

サポーターでタトゥーを隠す

3つのポイント
  1. とにかく簡単
  2. 腕や足に入っているタトゥーに最適
  3. 服に合わせておしゃれに隠せる

ケガをしたときに使うサポーターは、タトゥーを隠すためにも使えます。

100均でも手に入れることができ、通気性はもちろんゴムの窮屈さなどの対処も考えられたものもあります。

肌に貼りつけたり、塗ったりするわけではないので肌が弱い人も安心して使うことができます。

メリット
腕や足にサッとサポーターをつければ隠すことができるのでとても簡単です。価格もそこまで高くなく、洗って何度も使えるので経済的です。普段の私服に合わせてサポーターのカラーをかえたりとおしゃれも楽しめます。

デメリット
温泉や海には、サポーターが濡れてしまうので向いていません。また、夏場にずっとサポーターをつけていると蒸れたり、サポーターによる日焼けをしてしまう可能性もあります。1年中サポーターをつけていることにより、するどい人には気づかれることもあるので注意です。

ラッシュガードでタトゥーを隠す

3つのポイント
  1. ラッシュガードを着用してタトゥーを隠せばOKの海やプールが増えてきた。
  2. 日焼け対策と言い訳ができるのでバレにくい
  3. 着るだけなので、下準備がいらない

ラッシュガードは、日焼けをしたくない人や体型を隠すために利用している人が多いです。

最近では、ラッシュガードを着用していればタトゥーOKの海水浴場やプールも増えてきています。

スポーツショップや水着を販売している店舗であれば、購入できます。

メリット
着用するだけで簡単に隠せるのでとても手軽です。海やプールなどでは、ラッシュガードを着用している人も多いので、タトゥーを入れていることがバレにくいです。

デメリット
ラッシュガードで隠せない部分にタトゥーを入れている人には不向きです。また、季節によっては販売していない店舗もあるので、旅行などで急に必要になった場合、手に入らないこともあります。

肌の上にかぶせて隠す

一生の思い出が残る結婚式でバレたくない!不自然にならないように隠したい!という方におすすめなのは、肌の上にかぶせて隠す方法です。

ファンデーションコンシーラーでタトゥーを隠す

3つのポイント
  1. 様々なサイズのタトゥーに対応
  2. ウォータープルーフだと温泉や銭湯に入れる
  3. カラーを調整して自分の肌に合わせて隠すことができる

ファンデーションコンシーラーは、カバー力が強く、アザややけど跡などを隠す医療用のものもあります。

自分の肌に合ったものを使用すれば、不自然になりにくいのも特徴です。

ラッシュガードやシールなど、暑さや蒸れを気にすることもなく、肌を露出して楽しむことができます。

メリット
簡単に扱えるので、普段お化粧をしている女性はもちろん男性でもタトゥーを隠すことができます。シールとは違い、自分の肌に合ったカラーを調整して作ることができます。カバー力も強く、ウォータープルーフだと海やプールでも安心して使えます。

デメリット
たくさんの種類があり、価格もちょっと高めなので、しっかり調べてから購入しないと失敗することがあります。また、しっかり乾かさないと衣服についてしまったり、一度塗りでは隠せないこともあるので重ね塗りをしなくてはいけない手間もあります。背中や腰などは一人で塗ることが難しいので、誰かに手伝ってもらわないといけません。

ファンデーションスプレーでタトゥーを隠す

3つのポイント
  1. 広範囲に入ったデザインのタトゥーでも隠しやすい
  2. カラーを自分に合わせることができる
  3. ムラが出にくいので自然に見える

ファンデーションスプレーは、市販のメイクで使われるものや、タトゥー専用のものがあります。

タトゥー専用のファンデーションスプレーは3,000円前後で購入でき、アルコールで拭き取らないと落ちないほど強力なものもあります。

メリット
使用方法をしっかり守れば、2~3日程度持続し、海やプール、温泉でも落ちにくいです。大きいデザインのタトゥーを隠しやすいのがポイントです。

デメリット
高い割には量が少ないので、コスパが悪いです。また、スプレーする際に部屋を汚してしまう可能性もあり、においもきついので使用する際は部屋の環境を整えないといけません。スプレー前にムダ毛を剃ったり、しっかりと乾かすのに1~2時間ほどかかるので準備に時間がかかります。使用方法をきちんと守らないと、衣服についたり、落ちやすくなってしまうので注意です。

エアブラシでタトゥーを隠す

3つのポイント
  1. 結婚式など肌の露出が多い時に最適
  2. プロとカウンセリングをしながら施術するのできれいに隠せる
  3. 3日~5日持続する

結婚式などで、タトゥーを完璧に消したい人にはエアブラシがおすすめです。

エアブラシを施してくれるサロンでカウンセリングしながら、タトゥーを隠すことができます。

専門の技術者が、肌専用の特殊塗料を吹き付けてタトゥーを隠すので安心です。

メリット
専門の技術者と相談しながら施術をするので、安心にかつきれいにタトゥーを隠すことができます。特殊塗料なので、色落ちもしにくく3日ほど持続します。

デメリット
サロンで施術をしないといけないので、費用が高めです。また地域によっては、エアブラシを扱っているサロンがない場合もあり、交通費が別途かかります。

レーザー手術で取り除く

昔の恋人の名前をタトゥーで入れてしまい消したい人や子供への影響を心配している人など、隠すだけではなくタトゥー自体をなかったことにしたいと後悔している人はレーザー手術で取り除く方法もあります。

3つのポイント
  1. タトゥーを隠す必要がないので手術をして除去してしまえば悩まずに済む
  2. 温泉やプール、海に堂々と入れる
  3. 生命保険加入時もクリアしやすくなる

手術方法もレーザー手術や切開手術、皮膚を移植する手術など、様々な方法があります。

レーザー手術は、タトゥーに対してレーザーを照射し色が入っている部分の細胞を壊していきながら除去していきます。

メリット
一生「タトゥーを隠す」ことに悩まずに済みます。レーザー手術での除去は、パチンとゴムをはじいたような軽い痛みなので手術と言っても過度の心配は必要ありません。

デメリット
タトゥーによっては、完全に除去できなかったり、傷が残る場合もあります。費用が高いこともネックです。また、大きめのタトゥーは一度で消すことができないので、何回も通って治療をしなくてはいけません。

公式サイトへ

タトゥーの隠し方のまとめ

日本ではなかなか受け入れられていないのが現実のタトゥーですが、色々な方法でタトゥーを隠すことによって、今まで諦めていた温泉や海なども楽しめることがわかりました。

タトゥーのせいで海や温泉を諦めるのではなく、アイテムや持続時間、コスパなど自分に合った方法でタトゥーを隠し、楽しむことをおすすめします。

入れ墨(タトゥー)があっても出来る仕事入れ墨(タトゥー)があっても出来る仕事は?バレたらクビ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA